広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ行政 1/5

広島市が70歳以上が対象の申請書を誤って0歳児648人にも送付

広島市は、70歳以上の高齢者がバスや電車などを利用する際の助成金の申請書を、誤って令和元年に生まれた0歳児の子どもにも送付していたことが分かり、対象者に謝罪した。広島市は、お年寄りの社会参加を促すため、70歳以上の一部の高齢者がバスや電車などの公共交通機関を利用する際、助成金を交付している。市は6月、助成金を申請していない高齢者に申請書を郵送したが、この際、誤って令和元年5月1日以降に生まれた0歳児の子ど...

  •  0
  •  0

税務署の職員がバーでアルバイトして懲戒処分

7月4日、広島国税局は広島県内の税務署の男性職員(20)が、広島県内のバーで副業し国家公務員法に違反したとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。5月5〜15日のうち4日間、未明に計13時間、店で接客し、アルバイト代6500円を受け取った。事前に国税局のシステムを使って店の所在地や業種などの情報を不正に見た違反もあった。国家公務員法は副業を原則禁止している。私的に組織内のシステムを使うことも禁じている。勤務...

  •  0
  •  0

広島県健康福祉局の職員が120万円を着服して懲戒処分

広島県の健康福祉局に勤めていた30代の男性職員が、当時、会計を担当していた職員同士の親睦会などの会費120万円あまりを私的に流用したとして、停職6カ月の懲戒処分を受けたという。処分を受けたのは、現在、県の出先機関の厚生環境事務所に勤める38歳の男性職員。県によると、男性職員は、県の健康福祉局に勤務していた平成28年4月から今年の4月にかけて、会計を担当していた職員同士の親睦会や県と企業でつくる団体などの会費を...

  •  0
  •  0

広島県職員が勝手に知事印押して不適切処理240件

広島県で国家資格の免状を交付する業務にあたっていた30代の男性職員が勝手に知事印を押すなど、200件以上の不適切な事務処理を行っていたことが分かったという。これは県の商工労働局が6月17日、記者会見を開いて明らかになった。それによると、一昨年4月から今年3月にかけて国家資格の免状を交付する業務を担当していた30代の男性職員が、上司の決裁を得ないまま免状に勝手に知事印を押すなど、延べ240件に上る不適切な事務処理...

  •  0
  •  0

「青信号になっても動かない車がある」広島市職員が飲酒運転で逮捕される

6月15日未明、広島市東区の県道で酒を飲んで車を運転したとして、広島市の55歳の男性職員が酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕された。酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、広島市の職員で中央卸売市場の食肉指導員、樋口寿明容疑者。警察によると、15日午前1時過ぎ、広島市東区の県道で「青信号になっているのに動かない車がある」と通行人から通報があった。警察官が駆け付け、車に乗っていた樋口容疑者に声をかけたところ、車を急...

  •  0
  •  0

ひろしま港湾管理センターが物流会社に電気料金を13年間で6000万円過少請求

福山港の国際コンテナターミナルを利用する物流会社2社に対し、広島県が電気料金およそ6000万円を過少請求していたことが分かったという。県によると、福山港の国際コンテナターミナルの指定管理者「ひろしま港湾管理センター」はターミナルを利用する2社が港に設置された生鮮食品専用のコンテナで使用していた2006年4月から19年1月分までの電気料金について、およそ6000万円を過少請求していたという。今年1月、使用電力量を量る...

  •  0
  •  0

広島県職員の30代会計事務担当が横領

広島県厚生環境事務所・保健所の30代の男性職員が、異動前の県健康福祉局で会計事務を担当していた3つの任意団体の会費計534万9100円を横領していたことが分かったという。県によると、3つの団体のうち1つは民間企業で構成し、残る2つは県職員の親睦会。職員が今年4月に異動となり、後任の会計担当者が通帳と印鑑を出すよう促して発覚した。職員は「競馬などのギャンブルで資金が必要になり、手を付けた」と話したという。県は、...

  •  0
  •  0

呉市の防災情報メールが送信できていなかった

6月7日、呉市では、気象情報などの防災情報を住民にメールで知らせる際にシステムの操作を誤り、避難準備の情報と県道の通行止めの情報を知らせるメールが配信できていなかったという。不具合があったのは、呉市があらかじめ登録していた人に気象情報や注意報、それに避難情報などをメールで自動的に配信するサービス。呉市によると、午前7時15分に天応地区の一部と安浦地区の一部に出された避難準備の情報と、午前7時39分に出され...

  •  0
  •  0

広島県庁喫煙スペース灰皿撤去でたばこ吸う職員に禁断症状の兆候

世界禁煙デーの5月31日、広島県は県庁の敷地内にある職員や来館者用の喫煙スペースの灰皿をすべて撤去して使えなくし、禁煙や受動喫煙の防止を呼びかけるという。県庁内には、屋外の3カ所に職員や来館者用の喫煙スペースが設けられていて、このうち最も大きなスペースは、31日から1週間、残りの2つのスペースは31日の1日、使えなくなる。これに先だって県庁内では、30日夕方から県の委託を受けた業者が、喫煙スペースにある灰皿を...

  •  0
  •  0

呉市役所のHP「市政への提言」に爆破予告メール

5月7日朝、呉市役所のホームページに「学校など複数の施設に爆薬を仕掛けた」という内容の爆破予告のメールが届いたという。これまでのところ異常は見当たらず、警察は状況などを調べている。呉市によると7日午前8時ごろ、呉市のホームページにある『市政への提言』というサイトに爆破予告のメールが届いているのを市の職員が見つけた。メールは7日午前5時に送られていて、「呉市役所及び呉市内の幼稚園と保育園、小中学校・高校と...

  •  0
  •  0

三原市広報係長が知人男性の連絡先と援助交際斡旋と書いた紙を配布して逮捕される

4月23日、個人情報などが書かれた紙をまいたとして、広島県警三原署は名誉毀損容疑で、三原市秘書広報課広報係長の迫田歩容疑者(45)=同市宮沖=を逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は3月下旬から4月15日の間に数回、三原市内の公共施設の屋外通路で、同市に住む自営業の男性(44)の名字、携帯番号を記載し、「援助交際斡旋しています。お気軽にお電話を」などと印字したプリント複数枚をまいた疑い。三原署によると...

  •  0
  •  0

自転車を盗んだ広島市職員と知人女性への名誉毀損をした広島市職員を逮捕

広島市の安芸区役所に勤める60歳の職員が、マンションの駐輪場から自転車を盗んだとして窃盗の疑いで逮捕された。逮捕されたのは安芸区役所厚生部の医務監、岩木康生容疑者(60)。警察によると、4月11日から12日にかけて自宅マンションの駐輪場から自転車を盗んだとして窃盗の疑いが持たれている。調べに対し、容疑を認めているという。また、警察は、広島市経済観光局おもてなし推進担当の主任技師、丸本信容疑者(50)を名誉棄...

  •  0
  •  0

大竹市が同性同名の住民票の写しを誤交付

4月3日、大竹市はマイナンバーが記載された住民票の写しを、別の人に誤って交付するミスかあったと発表した。誤交付された市民のマイナンバーは本人に謝罪の上、変更した。市民税務課によると、3月4日、市民が同課窓口で申請し、担当者が誤って同性同名の別の人の写しを交付した。市は該当者を生年月日で検索するよう定めているが、名前で検索し照合も不十分だった。3月22日、マイナンバーが記入された申請書を処理していた県が気...

  •  0
  •  0

呉市選挙管理委員会が一昨年の候補者の名簿を渡す

広島県議会議員選挙の期日前投票で、呉市の選挙管理委員会が、目が不自由な人に点字で書かれた候補者の名簿を渡す際、誤った名簿を渡して投票させていたという。呉市選挙管理委員会によると4月1日、広島県議会議員選挙の期日前投票を行うため呉市役所の投票所を訪れた目の不自由な人に対し、点字で書かれた候補者の名簿を渡す際、誤って、一昨年に行われた県知事選挙の名簿を渡して投票させていたという。投票した人が帰宅後に気付...

  •  0
  •  0

福山市が事務処理ミスで住民票を誤交付

3月29日、福山市は別人の住民票の写し1通を誤って交付したと発表した。市では3月15日にも誤交付のミスがあり、市は関係の管理職4人を口頭の厳重注意とした。市市民部によると3月28日、市役所で男性と女性がそれぞれ住民票の写しを申請。誤って女性に男性分を交付した。2人に渡した番号札と住民票を入れたファイルの番号が違うことに職員が気付かなかった。交付後に職員が気付いて発覚した。写しには住所や生年月日などの記載があっ...

  •  0
  •  0

福山市北部支所の土木技師が飲酒運転&当て逃げして懲戒免職

酒を飲んで車を運転した上、当て逃げをし、別の車の運転手にケガをさせたとして、福山市は64歳の男性土木技師を、3月26日付けで懲戒免職とした。懲戒免職処分となったのは、福山市北部支所の北部建設産業課新市出張所の男性技師(64)。 福山市によると、男性技師は18年12月の夜、飲食店でビールの中瓶1本と焼酎の水割り3、4杯を飲んだ後、自家用車を運転した上、福山市内の交差点で停車中の車にぶつかり、そのまま逃げたという。...

  •  0
  •  0

広島県の女性統計調査員が不正報告

国からの委託で広島県が実施している「小売物価統計調査」で、調査員の女性が対象の店舗が閉店していたにもかかわらず、営業しているように報告するなどの不正を行っていたという。消費者物価指数を割り出す「小売物価統計調査」は総務省からの委託で都道府県が実施しているもので、広島県内でも県から任命された調査員が、割り当てられた店舗の商品などの価格を調べている。 県によると、この統計は本来毎月調査するルールとなっ...

  •  0
  •  0

三原市の23歳主事が不適正事務129件で退職 能力不足? or 非協力的な職場?

2月15日、三原市は特別児童扶養手当などに関する不適正事務が新たに42件判明し、計129件になったと発表した。同市は担当した子育て支援課の主事男性(23)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、男性は同日、辞職願いを受理され退職した。42件の内訳は、同手当の通知漏れ14件、チャイルドシート購入補助金の不正支出1件、重症心身障害児福祉年金の通知漏れ6件、育児サービス会員証の送付漏れ20件、承認のない公印使用1件。18年4...

  •  0
  •  0

広島市職員が旅館業認可で不適切処理「申請者からしつこく催促された」

広島市の保健所で、ゲストハウスなどの営業の認可業務を担当していた職員が、申請書類に不備があるにも関わらず、無断で許可証の発行を繰り返していたという。市では不適切だとして処分を検討しているという。不適切な処理を行っていたのは、広島市保健所の環境衛生課に所属する職員。市によると、この職員はゲストハウスなどの営業の認可業務を担当していたが、18年7月から10月の間に提出された8件の申請について、申請書類に不備...

  •  0
  •  0

県営住宅家賃をシステムの不具合で84世帯937万円未徴収

1月11日、広島県は広島市や呉市、海田町など9市町の県営住宅41カ所で家賃の計算を誤り、84世帯計937万2100円を徴収していなかったと発表した。世帯所得に応じて家賃を定めるシステムの不具合が原因で、県は全額を東京のシステム会社に請求するという。県によると、計算ミスがあったのは、県営住宅に3年以上続けて入居し、世帯所得が一定額を超えた入居者に上乗せする家賃。システムの不具合で一部の世帯について、3年以上住んでい...

  •  0
  •  0

ふるさと納税返礼品違反31自治体公表 アマゾンギフト券付与も返礼品に含まれる

ふるさと納税制度を巡り総務省は12月27日、返礼品の基準違反を新たに確認したとして、31自治体を公表した。広島県内では安芸太田町が選ばれた。返礼品に加え、ネット通販大手「アマゾン」のギフト券を付与した場合、これも返礼品に含まれるとみなし「調達費が寄付額の30%以下の地場産品」ではないと判断した。ギフト券付与は、一部の自治体が仲介サイトと共同で、寄付のキャンペーンとして実施。総務省は返礼品の基準に反している...

  •  0
  •  0

西日本豪雨の広島市職員の残業代が11億円

西日本豪雨で大きな被害があった広島市で、7月5日から10月末までの約4カ月間、避難所運営などの災害対応にあたった市職員(延べ1万1310人)が計37万3149時間残業し、残業代は約11億1500万円に上った。12月12日の市議会で市側が説明した。市によると、残業時間には9月末の台風24号の対応も含まれるが、約7割が7月分という。最長は安佐北区の災害対策本部を所管する部署の男性職員で、656時間(残業代263万円)だった。地滑りが起き...

  •  0
  •  0

福山市が生活保護受給者用収入申告書を間違って郵送して身元がバレる

12月3日、福山市松永支所は、生活保護受給者に送る「収入申告書」を間違って本人以外に送付していたと発表した。誤送付は11人分で、申告書には受給者の名前と住所が記載されていた。同支所によると、11月28日付で、収入申告書を含む計3点の書類を封筒に入れ郵送。11月30日夕に、受け取った市民か問い合わせて発覚した。うち6人が開封していたという。30日と1日に全対象者方を訪問し、回収した。収入申告書は収入のある受給者が、収...

  •  0
  •  0

広島市職員による無言電話610回&上司と部下で殴り合いのケンカに懲戒処分

12月3日、広島市は市内の医療機関に無言電話などを繰り返したとして、中区役所の一般職の男性(37)を停職3カ月とするなど、計4件の懲戒処分を発表した。市人事課によると、男性は1月5日から3月30日の間、西区の医療機関に無言電話や着信を鳴らしてすぐ切る行為を繰り返した(約610回)。広島西署が4月、偽計業務妨害の疑いで逮捕したが、広島地検は7月「情状全般を考慮した」として不磯処分にしていた。また、環境局の一般職男性...

  •  1
  •  0

江田島市職員が分析報告書未納でも委託料を支払っていた

11月28日、江田島市は民間委託している貸借対照表などの財務書類作成業務について、資料の提供を怠り、書類を元にした分析報告書が納品されていないのに委託料を支払っていたとして、財政課長だった男性課長(51)を減給10分の1(6カ月)とする懲戒処分を発表した。市総務課によると、男性課長は2013~17年度に業務を担当。広島市中区の委託業者に固定資産台帳など必要な資料を提供せずに5年間、財務書類と分析報告書が作成されて...

  •  0
  •  0

「被爆70年史」誤表記40カ所 痴呆広島クオリティが炸裂!

原爆の記憶を伝えていこうと、広島市が18年7月に発行した「被爆70年史」に誤った表記がおよそ40カ所見つかり、市は謝罪するとともにホームページなどで訂正を呼びかけている。「被爆70年史」は原爆の記憶を伝えていこうと広島市や有識者によってまとめられたもので、18年7月に発行され、市内の書店などでこれまで700冊以上が販売された。広島市によると、この「被爆70年史」について「間違った表記がある」という連絡が読者...

  •  0
  •  0

「下着が見えている」庄原市職員が同僚女性に性的な発言で再逮捕

広島県警庄原署は11月21日、同僚女性に付きまとったなどとして、ストーカー規制法違反の疑いで庄原市役所東城支所職員の竹内逸史容疑者(53=庄原市東城町)を再逮捕した。署によると「被害者が虚偽の事実を申告した」と容疑を否認している。再逮捕容疑は4月27日~10月29日に複数回、女性の自宅周辺をうろついたり、勤務先で本人に「下着が見えている」と性的羞恥心を抱かせるような発言をしたりして、ストーカー行為をした疑い。...

  •  0
  •  0

住宅近くで散弾銃をぶっ放して鹿を捕獲した男と安芸高田市を書類送検

11月14日、住宅の近くで銃を使って鹿を捕獲したとして、広島県警は鳥獣保護法違反容疑などで、安芸高田市の猟友会に所属する自営業男性(64)と、鹿の駆除を委託した同市を書類送検した。同法は住宅集合地域での銃猟を禁止している。送検容疑は8月19日午前10時半ごろ、同市内の住宅が集合する地域にある土手で、散弾銃を発射して鹿を捕獲した疑い。県警生活安全総務課によると、この日、近隣住民から「鹿が転落防止ネットに引っ掛...

  •  0
  •  0

福山市環境センター職員を飲酒運転で懲戒免職

11月9日、福山市は飲酒運転をしたとして市南部環境センター(箕沖町)の技術員男性(54)を免職の懲戒処分とした。福山市は懲戒処分指針で飲酒運転は「原則免職」としている。技術員男性は9月21日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された。10月2日に福山区検に略式起訴され、福山簡裁の略式命令を受け、罰金30万円を納付した。市の聞き取りに対し、府中市内の飲食店2店でビールや焼酎の水割りを飲んだと説明し「交通違...

  •  0
  •  0

庄原市役所職員の男が同僚女性を「ふしだらな女」と発言して名誉棄損で逮捕される

11月5日、同僚の女性を中傷する発言をしたとして、広島県警庄原署は、名誉毀損の疑いで、庄原市役所東城支所職員の竹内逸史容疑者(53)=同市東城町川西=を逮捕した。同署によると「言っていない」と容疑を否認している。逮捕容疑は9月2日~15日、複数回にわたって庄原市内数カ所のガソリンスタンドで同僚女性について「下着が見えるような格好でいて、ふしだらな女」などの発言を繰り返し、名誉を毀損したとしている。同僚女性...

  •  0
  •  0