広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

広島の真実を知るために ~ ようこそ、ひろしまスタイル(hiroshima style)へ。 広島県内で起きた出来事や犯罪、事件、問題から、政治や社会問題、芸能などについても取り上げて考えて行くブログ。        

新型コロナ、療養中の患者2人死亡など、新たに1295人が感染

5月20日、広島県では新たに1295人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。感染が確認されたのは、広島市で719人、福山市で180人、呉市で93人、東広島市で84人、廿日市市で64人、府中町で30人、海田町で22人、尾道市で20人、三原市で19人、府中市で10人、北広島町で8人、竹原市と三次市でそれぞれ7人、大竹市、安芸高田市、坂町、熊野町でそれぞれ6人、江田島市、庄原市、世羅町でそれぞれ2人、神石高原町で1人、それに、山口県から県内を訪れた1人のあわせて1295人。

これで、県内での感染確認は述べ14万7953人となった。

また、広島市と福山市は、新型コロナウイルスに感染し、療養していたあわせて2人が死亡したと発表した。

県内で感染し、その後死亡した人は481人となった。

県は、大型連休後の感染の急拡大はみられないものの、感染状況は高止まりの状態だとして、引き続き、基本的な感染防止対策を徹底するよう呼びかけている。(NHK広島)