広島大学野球部監督が部内暴力で謹慎4カ月の処分

日本学生野球協会は4月14日の審査室会議で、高校6件と大学1件の不祥事に関する処分を決めた。鳥取・八頭高は1年生部員への体罰があったとして監督を3月24日から2年間の謹慎。当時、適切な対応をしなかった同校の部長を4月12日から3カ月、コーチを3月24日から6カ月の謹慎処分とした。他の処分は次の通り。

大学
【謹慎】広島大の監督 部内暴力=3月1日から4カ月

高校
【謹慎】那覇の副部長 酒気帯び運転=2月17日から1年、豊川工(愛知)の部長 中学生との合同練習規定違反=3月6日から6カ月、明野(三重)の副部長 盗撮=3月23日から2年、監督(都道府県、校名非公表) 生徒への人権侵害=1月2日から3カ月
(毎日)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告