防犯カメラに平尾受刑者らしき人物が映る

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が逃走した事件で、広島県警は4月27日、指名手配された平尾龍磨容疑者(27)の潜伏先とみられる広島県尾道市の向島で、平尾容疑者に似た不審者が防犯カメラの映像に映っていたと明らかにした。防犯カメラの設置場所周辺を中心に捜索を続けている。

県警によると、窃盗被害が相次いだ島北部に設置されていた防犯カメラに24日夜、短髪の人物が歩いている様子が映っていた。26日には、同じ北部にある神社で黒のジャージーも見つかった。平尾容疑者が逃走時に着ていたものとは異なるとみられるが、途中で着替えた可能性もあるとみて調べている。

島には山間部や空き家が多く捜索は難航。今月10日に車上荒らしにあった車から、平尾容疑者の指紋などが検出されていたが、その後は足取りが途絶えていた。(毎日)