江波西でひき逃げ 6歳の男の子が大けが

2月24日夜、広島市中区の市道で、歩いていた6歳の男の子がバイクと乗用車に相次いではねられ、骨盤や頭などの骨を折る大けがをした。24日午後7時前、広島市中区江波西の市道で、1人で歩いていた近くに住む6歳の男の子が、前から走ってきたバイクにはねられた後、後続の乗用車にもはねられた。男の子は病院に搬送されて手当てを受けているが、骨盤や頭、それに足の骨を折る大けがをした。男の子を最初にはねたバイクはそのまま走り去ったということで、警察はひき逃げ事件として逃げたバイクの行方を捜査している。現場は広島電鉄の江波駅から700メートルほど西の、片側1車線の直線道路。(NHK広島)



広島市中区江波西 事故

スポンサーリンク

広告