広島市立大学広島平和研究所の准教授を懲戒解雇

海外の研修に行ったと事実と違う報告をして旅費をだまし取ったとして逮捕された広島市立大学の准教授について、大学は3月17日、懲戒解雇にした。広島市立大学広島平和研究所の金美景准教授(53)は、一昨年3月、実際には参加していない海外の研修に参加したと報告をして、大学から旅費34万円あまりをだまし取ったとして詐欺の疑いで先週、警察に逮捕された。大学は理事会を開き、重大な職務違反があったとして17日付けで金准教授を懲戒解雇にした。

大学によると、金准教授は不正を認め、すでに旅費を返納しているという。一方、検察は、十分に反省しているなどとして不起訴処分にした。広島市立大学の青木信之理事長は、「改めて深くお詫び申し上げます。再発防止に向けた対応をとるとともに、信頼回復に努めます」とするコメントを出した。(NHK広島)


広島市立大学の准教授が韓国研修を隠して旅費請求 詐欺容疑で逮捕される

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL