G7外相会合開催中の広島市中区の路上で車が炎上 

4月10日午後7時半ごろ、広島市中区東平塚町の市道で、山口県岩国市の男性(28)が運転する乗用車が炎上した。約10分後に火は消し止められたが、エンジンなどを焼いた。けが人はいなかった。広島県警広島中央署によると、男性は「車のエンジンルームから火が出た」と119番通報。走行中に煙が出てきたため、男性は車を止めて避難し、後に出火したという。この火事で現場は約50分間の通行止めになった。同署で出火原因を調べている。現場は、同市で開かれている先進7カ国(G7)外相会合に出席する各国の外相らが訪問した平和記念公園から約1キロ。(産経)



広島市中区 車両炎上
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL