カテゴリ脱税 1/1

パチンコ店コーヒー販売員派遣会社が2600万円脱税

広島地検は10月3日までに消費税など約2600万円を脱税したとしてパチンコ店にコーヒーの女性販売員を派遣する「グローバル」(広島市安佐南区)社長反田正彦容疑者(45)=広島市東区=を消費税法違反と地方税法違反の疑いで逮捕した。調べでは、反田容疑者は2014年11月期の3年間、コーヒー販売員の給与を架空の会社への外注費と装い、消費税と地方税の計約2600万円を脱税した疑い。地検は反田容疑者の認否を明らかにしていない。(...

  •  0
  •  0

消費税5400万円を脱税した疑いで安芸郡の人材派遣会社を起訴

消費税約5400万円を脱税したとして、広島地検は3月18日、広島県安芸郡の人材派遣会社「エスケイテック」と「サンケイサービス」を経営する三戸誉士雄被告(43)=広島市西区=を消費税法違反と地方税法違反の疑いで在宅起訴した。法人としての2社も同罪で起訴した。起訴状によると、三戸被告は2012年4月から14年8月までの間、架空の外注費などを計上した確定申告書を県内外の税務署2カ所に提出し、2社の消費税の控除額を増やして納付...

  •  0
  •  0

【FXママ】広島市の資産運用情報提供会社が4000万円脱税で在宅起訴

広島市佐伯区の資産運用情報の提供会社が、経費を水増しして利益を少なく申告するなどして、4000万円あまりを脱税したとして、広島地方検察庁は法人としての会社と社長を、法人税法違反の罪で在宅のまま起訴した。在宅起訴されたのは広島市佐伯区のFX取引など資産運用に関する情報の提供会社「プランニングビジョン」と、この会社の社長の坂井増由美被告(43)。広島地方検察庁によると坂井社長は、平成24年までの3年間...

  •  0
  •  0

ピエール・カルダンのライセンス管理会社元社長の遺族が相続税11億円脱税

仏デザイナーブランド「ピエール・カルダン」のライセンス管理会社元社長で弁護士の武田正彦氏=平成19年に79歳で死去=の遺族5人が、武田氏の海外遺産約25億円を申告せず、相続税約11億円を脱税したとして、東京国税局から相続税法違反罪で横浜地検に告発されていたことが18日、分かった。遺族はすでに修正申告し、全額納付したという。告発されたのは武田氏の妻、敦子氏(75)=横浜市=と学校法人理事長の長男、信寛...

  •  1
  •  0