広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題

カテゴリ労働問題 1/5

広島家裁の書記官が87日間無断欠勤して懲戒免職になる

6月10日、広島の家庭裁判所に勤務する書記官が、87日間も無断欠勤して懲戒免職になったという。書記官の名前や居住地は公表されていない。広島家裁は正当な理由かなく、無断で87日間欠勤した50代の男性書記官を懲戒免職にしたと発表した。家裁によると、男性書記官は19年12月から20年5月までの間、休暇を取りたいとのメールや郵便を複数回、家裁に送った。詳しい理由の記載がなく、家裁からの問い合わせの電話に一度も出なかったと...

  •  0
  •  0

8カ月間賃金を支払わなかった福山市の自動車整備会社を書類送検

広島・福山労働基準監督署は、平成30年11月〜令和元年6月までの8カ月にわたって賃金を支払わなかったとして、自動車整備業のサンヨーオートの個人事業主(広島県福山市)を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で、令和2年3月18日、広島地検福山支部に書類送検した。個人事業主は労働者2人に対して、当時の広島県の最低賃金844円で計算した賃金総額193万円を支払わなかった疑い。実際の不払い総額は372万円に及ぶという...

  •  0
  •  0

「魚を食べた園児の顔が赤くなる」&補助金不正受給疑惑のニックス社長が今度は白いマスクで登場

3つの保育所で保育士が3月末で一斉退職する問題をめぐり、運営会社の「ニックス」が補助金を不正受給している疑いがあると退職する保育士が訴えたという。保育士によると、「おさかなを食べた後に、みるみる(子供の)顔が真っ赤になりましてびっくりして…」「もしアレルギーの物質があったりその子に合わないものがあったらと思うと怖いんです、と思いながらたべさせています」だという。さらに退職する保育士は「ずさんな」管理...

  •  0
  •  0

ニックスの西川社長が「黒マスク」で保護者にそっけない応対

広島市のニックスが、広島市や府中町で運営する3つの保育所「ニックストゥモローランド」で、保育士が施設のずさんな保育環境を理由に3月末で一斉退職することになり、保護者に不安が広がっているという。ニックスの西川社長は”黒マスク”で応対した。黒マスクの意味は?広島市や府中町で3つの保育所を運営する「ニックストゥモローランド」で、職員20人のうち18人が3月末で一斉退職。事情を知らない保護者に不安が広がっている。昨...

  •  1
  •  0

保育施設3カ所で保育士17人が一斉退職!

保育施設3カ所で勤務する保育士17人が、3月いっぱいで一斉に退職する意向を示しているという。保護者からは今後の運営を懸念する声が上がっているという。保育施設を運営する会社は、「ニックス」(広島市東区)という。保育士の多くが退職する意向を示しているのは府中町にある認可の小規模保育施設「トゥモローランド府中」と、いずれも認可外の企業主導型保育施設で広島市西区の「トゥモローランド西」、佐伯区の「トゥモローラ...

  •  0
  •  0

損害賠償分担金裁判 従業員が雇用主に請求できる

業務中の事故で相手方に損害賠償金を支払った従業員が、雇用主に賠償金の分担を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は2月28日、「請求できる」との初判断を示した。4裁判官全員一致の意見。民法は雇用主が賠償金を支払った場合、従業員に分担を求めることができると規定する一方、逆のケースは定めていなかった。判決は今後の企業活動に影響を与えそうだ。訴えていたのは、物流大手の福...

  •  2
  •  0

中国地方の郵便局に勤める契約社員11人が集団提訴

中国地方の郵便局に勤務する日本郵便の契約社員11人が正社員と仕事内容が変わらないのに、手当やボーナスに差があるのは不当だとして、会社に対し1500万円あまりの支払いを求める訴えを広島地方裁判所に起こした。広島地方裁判所に訴えを起こしたのは、中国地方の郵便局に勤務する日本郵便の契約社員11人。契約社員たちは、仕事の内容や責任が正社員と変わらないのに正社員に支給される住居手当や年末年始の勤務手当などがないうえ...

  •  0
  •  0

「派遣切り&もう会社来なくていい」安心して働けない広島労働社会

年度末に増える雇用不安などの労働者の悩みを解決しようと、連合広島が電話による無料相談を始めた。電話相談は、労働問題で悩みを抱える労働者のために、連合が全国一斉に2月13日と14日の2日間取り組んでいる。県内では広島、福山、呉の3カ所で受け付けていて、広島市の事務所では専門のスタッフが相談に応じた。連合広島によると、年度末の3月が近づくと雇用にまつわる不安や悩みを抱える労働者が多くなることから、法的な相談に...

  •  0
  •  0

日本製鉄呉製鉄所を全面閉鎖へ

大手鉄鋼メーカーの「日本製鉄」は、広島県の呉製鉄所の高炉を数年以内に休止する方針を固めた。合わせて呉製鉄所を閉鎖する方向で地元との調整に入ることにしており、生産体制を縮小して収益力の強化を図りたい考え。関係者によると、日本製鉄は子会社の「日鉄日新製鋼」が持つ、広島県呉市の「呉製鉄所」の2基の高炉を数年以内に休止する方針。あわせて呉製鉄所を閉鎖する方向で、地元との調整に入ることにしている。閉鎖する場...

  •  0
  •  0

従業員が73度の斜面から落下して重傷 安佐北の土木業者書類送検

11月26日、廿日市労働基準監督署は土木業の正和建材(広島市安佐北区)と同社の男性職長(64)を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検した。書類送検容疑は、2月16日、廿日市市栗栖の林道改良工事で、男性従業員(52)が約73度の斜面にコンクリートを吹き付けるための準備作業をする際、落下を防ぐロープを設けるなどの必要な危険防止措置を取らなかった疑い。労基署によると、男性従業員は7メートル下の地面に落下し、頭や腕、脚に...

  •  0
  •  0

三原市が嘱託職員に賃金未払い

三原市が労働基準監督署の許可を得ないまま、嘱託職員の宿直時の仮眠を労働時間から外し、正当な賃金を支払っていなかったという。現在、3支所で交代勤務する12人や、過去に本庁舎で宿直をした人が該当する。市は「仕事量に見合う額を払ってきたつもりだが、労基署の許可を得ていないのは不適切だった」としている。広島県内では、同様の未払いがあった呉市が9月、労働基準法などに違反するとして呉労基署から是正勧告を受けてい...

  •  0
  •  0

広島の就職世代が過去5年間で1万1000人の転出超過

10月17日、広島市とその周辺にある企業が、来年春の採用に向けて合同の就職面接会を東京で開いたという。参加した企業は、広島市とまわりの23の市、町で構成する広島広域都市圏にある企業17社。募集する人材は来年春の採用で、対象は大学4年生やおおむね3年以内の既卒者。売り手市場で人材の奪い合いの様相となっているなか、採用担当者らは会社の魅力をていねいに説明していたという。この試みには、広島市とその周辺をひとつのエ...

  •  0
  •  0

府中市の工場で作業員が450キロの鋼材の下敷きになり死亡

10月9日、府中市の工場で作業員の男性が鋼材の下敷きになり死亡した。9日午後4時45分ごろ、府中市広谷町の鉄鋼会社・内海鉄工で、作業員の黒笹雅治さん(42)が、クレーンで重さ450キロの鋼材を移動させていたところ、鋼材が落下し黒笹さんが下敷きになった。黒笹さんは福山市内の病院に運ばれたが、その後死亡した。研磨作業するためにクレーンで鋼材を移動させていたところ、クレーンのフックが鋼材にひっかかり、黒笹さんの上に...

  •  0
  •  0

エディオンの独禁法違反問題で公取委が課徴金を10億円減額

納入業者に無報酬で仕事を手伝わせたとして独禁法違反(優越的地位の乱用)と認定された家電量販のエディオン(広島市中区)が、40億4796万円の課徴金の取り消しなどを求めた審判で、公正取引委員会は10月4日、エディオンの主張の一部認めて課徴金を10億1568万円減らす審決を公表した。10月2日付け。2012年2月の公取委の認定では、エディオンが08年から2年余りの間、家電メーカーの販売会社など127社の取引の依存度を精査し直し、...

  •  0
  •  0

「始業前の作業をやらないと給料減額」呉の食品加工会社を中国人技能実習生が提訴

実習先から不当に解雇されたとして、中国人技能実習生の女性(23)が近く、広島県呉市の食品加工会社を相手取り、契約期間中に受け取るはずだった13カ月分の賃金支払いなどを求め、地裁に提訴することが分かった。 女性が個人加入する労働組合「スクラムユニオン・ひろしま」(広島市)などによると、女性は2017年10月に来日。翌月からの3年契約で、 同社の工場で食品を箱詰めする作業にあたっていたが、今年9月上旬、「始業10分前...

  •  0
  •  0

呉市が宿直勤務の嘱託職員に賃金未払い

9月26日、広島県呉市は市役所や市民センターなど計21施設で宿直勤務した嘱託職員に対し、仮眠時間分の賃金を支払っていなかったなどとして、呉労働基準監督署から是正勧告を受けたと発表した。勧告は9月11日付。市によると、過去2年間で90人以上に未払いがあり、総額計約1億9000万円に上る。辞めた人も含め、勤務状況を確認後、速やかに支払うという。市は閉庁時間帯の庁舎管理や来庁者対応のため、嘱託職員を雇用。宿直勤務は午後...

  •  1
  •  0

福山市ごみ固形燃料工場で作業員が指を切断

9月25日、広島県福山市は、市ごみ固形燃料工場(箕沖町)で、可燃ごみの仕分け作業を風力で行う大型機械(高さ約7メートル、幅約2.5メートル)の保守・メンテナンス作業をしていた協力会社の男性作業員(25)が、機械を動かす歯車とチェーンとの間に左手を挟まれ、人さし指を切断するけがを負ったと発表した。倉敷市の病院に救急搬送され、命に別条はなかった。市環境部によると、工場内には固形燃料を作る4系統のレーンがあり、男...

  •  0
  •  0

大阪の工場で肺がん発症したアスベスト訴訟で原告勝訴

広島市のアスベスト被害者が国に賠償金を求めている裁判で、広島地裁は原告の訴えを全面的に認めたという。この裁判は広島市に住む男性が、当時勤務していた大阪市内の工場でアスベストを吸い、肺がんを発症したとして国に対し賠償金や賠償金の利息にあたる遅延損害金などを求めているもの。争点となっていたのは遅延損害金の計算時期。男性側は肺がんと診断された日から計算すると主張する一方、国は労災認定日からだと主張してい...

  •  0
  •  0

日鉄日新製鋼呉製鉄所で作業員が運搬車に挟まれ死亡

8月17日午前、広島県呉市の製鉄所で、50代の男性作業員が鉄くずを積んだ運搬車と建物の壁の間に挟まれ、病院に搬送されたが死亡した。17日午前9時すぎ、呉市昭和町にある「日鉄日新製鋼」の呉製鉄所で、「作業員が作業車と壁の間にはさまれた」と近くにいた作業員から消防に通報があった。警察によると、呉市音戸町藤脇の会社員、砂川一広さん(58)が鉄くずを積んだ運搬車と建物の壁の間にはさまれた状態で見つかり、意識不明で病...

  •  0
  •  0

ノルマの無限ループ・利益至上主義に変貌した郵便局かんぽ生命

生命保険会社の営業では、顧客と契約すると事務所の壁に顧客名を貼り出し、そこに花飾りをする。朝礼では契約した営業外務員をほめたたえ、一言あいさつをさせる。契約を取り続ければ回りから崇められるが、月の契約が取れずに「ゼロ社員」となったら、上司の長い説教が待っている。さらに契約ゼロが続けば今度は親兄弟などの身内のところへ行ってこい、となる。頼みに行くほうも苦痛だが、話を持ってこられたほうも苦痛。そんな環...

  •  0
  •  0

JFEスチール西日本製鉄所の工場でガスを吸った作業員が死亡

5月末、福山市の製鉄所で、一酸化炭素を含むガスを排出するダクトの清掃中に作業員が倒れ、1人が死亡した事故で、意識不明の重体になっていた別の作業員が6月28日、死亡した。5月31日、福山市のJFEスチール西日本製鉄所の第2製鋼工場で、一酸化炭素を含むガスを排出するダクトの清掃中に、作業員の男性3人が倒れ、このうち32歳の男性が死亡した。この事故で、別の作業員の40代の男性が意識不明の重体になり治療を受けていたが、28...

  •  0
  •  0

「洋服の青山」給料は配属先次第、店長は深夜労働

紳士服大手4社が、2018年度の最終決算において減収減益となっているという。紳士服大手4社とは、はるやまホールディングス、コナカ、AOKIホールディングス、青山商事。その中で最大手である青山商事は5月15日に3月期決算を発表し、3月期決算の売上高は約2503億円、前期比では1.8%減だが、純利益で見ると57億円(前期比50.1%減)と大きく落ち込んだという。 以下、bizSPA!から引用。. 紳士服業界が不振の理由 減収減益には、紳士...

  •  0
  •  0

嘘つき人事部エディオン広島本店がツインタワーでリニューアルオープン

広島市中心部にある家電量販店「エディオン」が6月21日にリニューアルオープンするのを前に、報道陣に公開されたという。『体験・体感』がキーワードだという。広島市中区紙屋町に全館リニューアルオープンする「エディオン広島本店」は建て替え工事を終えた「東館」と全面改装した「西館」からなるツインタワーとして生まれ変わる。(しかし、「そんな価格帯の商品はやりませんよ」、と嬉しそうにニタニタしながら言っておきなが...

  •  0
  •  0

「広島働き方改革110番」自閉症社員や反抗的女子社員の対応策は?

職場での長時間労働やハラスメントなどに悩む人たちに対応する無料の電話相談が広島市で行われているという。この「働き方改革110番」は広島弁護士会の弁護士でつくる「広島過労死問題研究会」が行っているもので、6月15日午前10時の受付開始から3人が相談に応じている。今年4月、残業の上限規制などを盛り込んだ「働き方改革関連法」が施行され、企業の労務管理のあり方に関心が高まっているが、早速、残業代の未払いなどについて...

  •  0
  •  0

福山市の工場で従業員が鋼材の下敷きになり死亡

6月12日朝、福山市の工場で積み上げられていた長さ10メートル余りの鋼材にクレーンの先端が接触して落下し、下にいた男性従業員が死亡した。12日午前9時15分ごろ、福山市本郷町の遠藤工業の工場で積み上げられていた長さ11メートル、幅50センチ、重さ968キロの鋼材に、天井に取り付けられていたクレーンの先端が接触した。鋼材は2.5メートルの高さから落下して、従業員の久保博揮さん(41)が下敷きになり、市内の病院に運ばれたが...

  •  0
  •  0

協同組合フレンドニッポンに裏切られた?安倍首相も関与か

外国人技能実習制度の監理団体の協同組合フレンドニッポン(FN、広島市東区)が、フィリピン政府の措置で実習生を受け入れられない問題で、約700人が来日できなくなった現地では波紋が広がっているという。FNが提携する現地の職業訓練校は、有力政治家との関係や授業料の来日後の後払いなどをアピールし、全土から広く学生を集めていた。若者たちからは「裏切られた」と怒りの声が上がる。首都マニラ近郊にある職業訓練校「フィル...

  •  0
  •  0

協同組合フレンドニッポン(FN)が実習生受け入れ停止措置

日立製作所笠戸事業所(下松市)でのフィリピン人技能実習生の大量解雇を巡り、日立に実習生をあっせんした広島市東区の「協同組合フレンドニッポン(FN)」がフィリピン政府の措置で実習生の受け入れ停止となっていることが分かったという。FNは日立や三菱自動車、日産自動車など大手企業を中心に1万人以上を送り込む国内最大級の監理団体。この影響で現地では約700人が実習生として来日できなくなっているという。5月、フィリピ...

  •  0
  •  0

JFEスチール西日本製鉄福山の工場で作業員1人死亡、1人が意識不明の重体

5月31日午後2時ごろ、福山市鋼管町のJFEスチール西日本製鉄所福山地区の第2製鉄工場で、ダクトを清掃していた作業員が倒れ、3人が病院に搬送された。福山市南松永町1丁目の会社員村上勝哉さん(32)が死亡。40歳代の男性が意識不明の重体。30歳代の男性が軽症を負った。福山東署によると、3人が複数のダクトを清掃中、ガスの漏出防止措置が取られていないふたを開けたため、一酸化炭素の濃度が高い有毒ガスが漏れ出し、吸い込んだ...

  •  0
  •  0

日本語が上達しない技能実習生を帰国させた広島の管理団体

技能実習生として来日し、広島県内の事業所で働く予定だったインドネシア人の男性が、受け入れを仲介する監理団体から実習前の研修中に日本語が上達しないことを理由に不当に帰国させられたとして、監理団体などに損害賠償を求める訴えを起こすという。訴えを起こすのは技能実習生として去年1月に来日し、東広島市のかきの養殖を行う事業所で働く予定だったインドネシア人の26歳の男性。代理人の弁護士によると、男性は実習前の研...

  •  0
  •  0

丸井産業が自社の社員旅行費や報奨金を取引先に支出させ公取委から警告

取引業者に自社の社員旅行の費用などを支出させたとして、公正取引委員会は5月15日、建築用金物など卸の丸井産業(広島市西区)に独禁法違反(優位的地位の乱用)の疑いで警告を出した。公取委によると、仕入れ先の171社に2016~18年、営業本部長名の文書で社員旅行への協賛を求め、計約3900万円を出させた。また19社に対して遅くとも15年5月~19年1月、自社の営業担当者の報奨金に充てるため、計約3300万円を出させた。取引額に応...

  •  0
  •  0