広島県内の80以上の高校に脅迫のFAXが届く

1月24日、広島県内にある少なくとも80を超える高校に、生徒や教員に危害を加えるといった内容の文書が届いていることが分かったという。

県教委によると、24日未明、県内にある複数の高校に脅迫するような内容の文書が、ファックスで届いたという。

文書には、24日までに指定した2つの口座に送金するよう要求する内容と、「期限までに誠意ある対応をしなければ、実力行使に出る」などという文言や、振込先と名前が書いてあるという。

県内の少なくとも81校に同様のファックスが届いているという。

県教委は公立の学校には校内の安全を確認するよう呼びかけているという。

23日は県内の大学に大学の爆破を予告する内容の文書が、ファックスなどで送られていた。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ