広島県内の複数の大学に爆破予告のFAX

1月23日朝、広島県内にある複数の大学に「爆弾を仕掛けた」などという内容の文書が、ファクスで送られてきたという。一部の大学は休講などの対応をしている。県内で少なくとも8つの大学に、大学の爆破を予告する内容の文書が、ファクスなどで送られていたという。

爆破を予告する内容の文書が送られたのは、エリザベト音楽大学、広島女学院大学、広島都市学園大学、広島文化学園大学・短期大学、福山市立大学、福山大学、尾道市立大学、広島文教大学。

複数の大学によると、「爆弾を仕掛けたのでお金を支払え」などと要求するもので、午前7時半ごろに届いたという。

それぞれの大学は、警察に通報するとともに、学内に不審物がないかなど確認するなど、警戒にあたった。また、一部の大学は休講にしたという。

警察は、大学構内の安全を確認するとともに、威力業務妨害の疑いも視野に捜査している。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ