呉市中央で住宅火災、夫婦2人が死亡

1月19日午前9時40分ごろ、広島県呉市で2階建ての住宅の一部が焼ける火事があり、この家に住む72歳の夫と66歳の妻が死亡した。19日午前9時40分ごろ、呉市中央5丁目で「建物から煙が出ている」と通行人から消防に通報があった。

消防車など13台が出て消火活動にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められたが、木造2階建ての住宅の一部が焼けた。

この火事で住宅の2階に住む三十日直幸さん(72)と妻の眞弓さん(66)が心肺停止の状態で病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

また、三十日さんの90代の母親が病院に搬送されたが、けがはなかったという。

現場は呉市役所から北に300メートルほどのマンションや住宅などが建ち並ぶ地域。

警察は火事の詳しい原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ