キックボードで横断歩道を渡っている男児に車ではねて死亡させた事故で被告に有罪判決

2022年10月、広島市安佐北区で横断歩道を渡っていた7歳の男の子が赤信号を無視した車にはねられて死亡した事故で、過失運転致死の罪に問われた被告に対し、広島地方裁判所は「信号表示に従って進むという最も基本的な注意義務を怠ったものだ」として、執行猶予の付いた有罪判決を言い渡した。

広島市南区の建設業、栗栖一弘被告(63)は、2022年10月、広島市安佐北区可部の国道の交差点で、キックボードに乗って横断歩道を渡っていた小学生の山本響大さん(7)を、赤信号を無視して軽乗用車ではねて死亡させたとして、過失運転致死の罪に問われた。

1月19日の判決で、広島地方裁判所の藤丸貴久裁判官は「前と左右をよく見て信号表示に従って進むという最も基本的な注意義務を怠ったもので、被害者には何ら落ち度はなく、わずか7歳の尊い命が失われた結果は重大だ」と指摘した。

その上で、「危険または無謀な運転で生じた事故ではなく、実刑がやむを得ないほど悪質な部類の事案とはいえない」として禁錮3年、執行猶予5年の判決を言い渡した。

裁判官は判決を言い渡したあと被告に対し、「響大くんのような思いをする人が1人でも減るよう、社会のために役立つ行動をしてほしい」と語りかけた。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ