広島市で車のボンネットに人を乗せたまま逃走

1月17日、広島西警察署のすぐそばで、車のボンネットに人が乗ったまま走行していたという。きっかけは一般的な追突事故だったという。事故の原因は、止まっていたバイクの後ろを走っていた黒の乗用車がブレーキが間に合わずに当たったものだという。
 
ボンネットに乗り上がったバイクの運転手は、しばらくはしがみ付いていたが、車の運転手が発進しながら何度かハンドルを左右に切ったため、最後は振り落とされた。

バイクの運転手は右の脇腹をけがしたといい、逃走した車は普通の中年のような感じの人だったという。

警察は双方や目撃者から事情を聴き、ひき逃げの可能性も視野に入れて捜査している。(テレビ朝日)


ボンネット 人

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ