呉の国道でトラックと衝突した27歳の会社員が死亡

1月5日朝、呉市でトラックとバイクが衝突する事故があり、バイクを運転していた27歳の男性が死亡した。5日午前7時半ごろ、呉市本通4丁目の国道で、交差点を直進していたバイクと反対車線から右折してきたトラックが衝突した。

この事故でバイクを運転していた呉市平原町の会社員・福田爽登さん(27)が、意識不明の重体で病院に搬送されたが、およそ1時間後に死亡が確認された。

トラックを運転していた28歳の男性にけがはなかった。

現場は、信号機のある片側4車線の交差点で、警察はトラックの運転手に話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べている。

今年に入って県内の交通事故による死者数は、2人目となった。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ