安佐北区のドラックストアで万引きした男2人が逮捕される

1月5日、広島市安佐北区のドラッグストアで、漢方薬などを万引きしたとして男2人が逮捕された。2人は全国で万引きを繰り返していたとみられ、被害総額は1000万円を超えるという。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の川嶋宏一郎容疑者(36)と、医薬品販売業の福田恵一容疑者(50)。

警察によると、2人は去年9月、広島市安佐北区口田のドラッグストアで、漢方薬やビタミン剤など合わせて9点を万引きした疑いがもたれている。

調べに対し2人は容疑を認めているという。

去年6月ごろから同様の被害が、北海道や大阪など14道府県で100件以上発生していて、広島県内でも10数件の被害があり、被害総額は1000万円を超えるという。

警察はこれらの事件にも2人が関与しているとみて、余罪を詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ