倉敷市中学3年生行方不明、1カ月半経過

岡山県倉敷市の中学3年生・梶谷恭暉さんの行方が11月に分からなくなって1カ月半が経過。警察が顔写真を公開して情報提供を呼びかけているが、有力な手がかりはないという。

岡山県警によると、梶谷さんは11月13日午後2時30分ごろ、自宅で家族が見たのを最後に行方が分からなくなっている。

家族の届け出を受け、警察が調べたところ、11月13日、JR倉敷駅付近の商業施設で梶谷さんが乗っていたとみられる自転車が見つかり、防犯カメラの映像で梶谷さんの服装と似た人物がJR三原駅まで移動していたことが分かっている。

家族によると、翌日、尾道市の瀬戸内海に浮かぶ「生口島」の路上で、梶谷さんのスマートフォンと本などが置かれているのが見つかったという。

生口島は三原市とフェリーで結ばれているほか、しまなみ海道が通っていて、車や自転車で広島県側、愛媛県側とを行き来できる。

梶谷さんが広島に来る可能性について、心あたりを母親にたずねると、「(去年)中2のとき、校外学習でしまなみ海道に行って、自転車に乗って楽しかったと言っていた」という。

ほかに思い当たることはないという。

梶谷さんは、身長170cmくらいで、黒色の短髪。行方不明となった当時、黒色無地の長そでに白、または灰色の長ズボンを身についていたという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ