信号守ってひき逃げしたタクシー運転手が逮捕される

12月4日、歩行者を車ではね、重傷を負わせたにもかかわらず、そのまま逃走したとして広島市西区のタクシー運転手・山﨑富司男容疑者(74)が逮捕された。4日午前3時過ぎ、広島市西区の信号のある交差点で、山﨑容疑者がタクシーを運転し東方面に走行中、横断歩道を南に向かい歩いていた43歳の男性をはね、そのまま逃走した疑い。

信号は山﨑容疑者側が青、歩行者側が赤だった。

男性は左足の骨を数か所折る重傷。

警察は近くの防犯カメラの映像などから、山﨑容疑者を特定し逮捕した。飲酒はなく調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ