大崎下島の沖合でタンカー・光辰丸と漁船が衝突

12月4日、広島県呉市の大崎下島の北側約4キロの海域で、タンカーと漁船が衝突する事故があり、漁船に乗っていた58歳の男性が死亡した。3日午後7時すぎ、大分県から広島県大崎上島町に向かっていたタンカーの光辰丸から「本船の船首に船がぶつかったかもしれません」と118番通報があった。

呉海上保安部が巡視艇2隻とヘリコプターを出動させ、タンカーの周りを旋回していた漁船を発見した。

船内で呉市に住む西宮武彦さん(58)を意識不明の状態で救助したものの、搬送先の病院で死亡が確認された。タンカーの乗員6人にけがはなかった。タンカーの重量は380トン、漁船は0.5トンだという。

現場は、大崎下島から北側の海域約4キロの場所で、呉海上保安部では事故原因などを調べている。(ANN)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ