夫婦ゲンカをしたあとの深夜、夫に包丁を当てただけの51歳の妻を現行犯逮捕

11月30日朝早く、大竹市の住宅で夫を包丁で刺して殺害しようとしたとして、51歳の妻が現行犯逮捕された。殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、自称、大竹市南栄の無職、山本直子容疑者(51)。

山本容疑者は30日午前5時ごろ、自宅のリビングで、会社員の夫の腹や肩を複数回刺し、殺害しようとしたとみられる。夫は病院に搬送されたが命に別条はないという。

犯行当時、山本容疑者は酒を飲んでおり、「夫とケンカした」という趣旨の話をしているという。

山本容疑者は自ら110番通報をして、駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。

調べに対し山本容疑者は「包丁で当てただけで刺してはいない」と、容疑を否認しているという。

警察は夫婦の間にトラブルがあったとみて、経緯や動機などを詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメントをどうぞ