広電バスが突然炎上

11月28日夕方、広島市西区の県道を走行中の路線バスから火が出た。28日午後6時20分ごろ、広島市西区田方3丁目の県道で「路線バスの後方部分から煙が出ている」と消防に通報があった。

警察や消防によると、当時、15人ほどの客と運転手が乗っていたが、バスは煙が出ていることに気がついた直後に停車し、全員が避難してけが人はいないという。

火はおよそ40分後に消し止められたが、バスの後方部分が焼け焦げた。

路線バスを運行する広島電鉄によると、午後5時半すぎに広島市中区の「広島バスセンター」を出発し、広島市佐伯区の五月が丘3丁目に向かっていたという。

警察は、当時の状況や火が出た原因を詳しく調べることにしている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/203047fe288604aebbde80221e7dadae9c78db87

福山の日常

2022/11/29 (Tue) 18:08 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ