車で呉から尾道まで女子高生を連れ去った29歳無職の男を逮捕

11月27日、SNSで知り合った10代の女子高校生を未成年と知りながら車で連れ去ったとして、29歳の無職の容疑者が未成年者誘拐の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、住所不定無職の北村剛典容疑者(29)で、警察によると、SNSで知り合った県内の女子高校生に「一緒に住む?」「大好き」などとメッセージを送信して未成年と知りながら誘い出し、11月15日に車で呉市から尾道市まで連れ去り、16日の未明にかけておよそ11時間半にわたって誘拐した疑いが持たれている。

女子高校生の母親からの相談を受けて警察が行方を捜査したところ、北村容疑者と一緒にいるのを尾道市内で発見して保護したということで、女子高校生にけがはなかったという。

北村容疑者は任意で事情を聞かれていたが、その後、警察官に頭突きをしたとして公務執行妨害の疑いで逮捕されていた。

誘拐の疑いについては「意味が分からない」と供述して容疑を否認しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ