【多重事故】山陽道で路上に出ていた2人がトラックにはねられ死亡

11月25日夜、広島県三原市の山陽自動車道で、事故の影響などで路上に出ていた男女2人が後ろからきたトラックにはねられて死亡し、それぞれ別の車を運転していた男性2人がけがをした。

25日午後11時すぎ、広島県三原市本郷町船木の山陽自動車道の上り線で、大型トラックと乗用車が衝突し、さらに後ろから来た軽乗用車も衝突した。

そのあと、現場のすぐ近くに別の乗用車が止まったという。

これらの事故などで路上に出てきた人のうち、最初に大型トラックと衝突した乗用車を運転していた兵庫県赤穂市の会社員、出井理史さん(55)と、近くに止まった車に乗っていた広島県呉市の会社員、吉川愛菜さん(25)の2人が後ろから来たトラックにはねられ、頭を強く打つなどして死亡した。

また、大型トラックを運転していた65歳の男性がろっ骨を折る大けがをしたほか、軽乗用車を運転していた50歳の男性もけがをしたという。

警察は、死亡した2人をはねたトラックを運転していた福岡県の44歳の男性から任意で事情を聴くなどして、事故の状況や原因を調べている。

この事故の影響で、山陽自動車道は、広島県の本郷ICと三原久井ICの間の上り線がおよそ12時間にわたって通行止めとなった。(NHK広島)



山陽道事故1

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ