塾講師が10代の女子生徒を膝に座らせわいせつ行為

22年10月、広島市内の塾で女子生徒の上半身を触るなどわいせつ行為をした疑いで33歳の塾講師の男が逮捕された。強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、広島市安佐南区高取北の塾講師田中太樹容疑者(33)。

警察によると、田中容疑者は10月30日、広島市安佐南区の塾で10代の女子生徒の手首をつかみ、膝に座らせ、上半身を触るなどした疑い。

生徒から相談を受けた学校が警察に通報し、発覚した。事件当時、田中容疑者と女子生徒は、2人きりで自習をしていたという。

調べに対し、田中容疑者は「いたずらの延長が行きすぎてしまった」と供述しているという。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ