コンビニでハイボール1本を盗んで女性店長にけがをさせた男が逮捕される

今年8月、広島市のコンビニエンスストアで、万引きをした男が店長の女性にけがをさせて逃走した事件で、無職の30歳男が逮捕された。強盗致傷の疑いで逮捕されたのは、広島市西区楠木町の無職・三谷太文容疑者(30)。

警察によると、三谷容疑者は今年8月、広島市安佐南区のコンビニで、ハイボール1本を盗んで立ち去ろうとした際、店長の女性に呼び止められたが、店長の手首を掴んで引っ張るなどして、そのまま逃走した疑いがもたれている。

店長は右手を捻挫するなどけがをした。

警察は、防犯カメラの映像などから三谷容疑者を特定し、容疑が固まったとして11月2日、逮捕した。

調べに対して「店に入ったがとっていない」と容疑を否認しているという。

警察は事件の詳しいいきさつを調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ