「次回は確実にぶつけるぞ!」北部県税事務所の主任が夫婦に脅迫

11月1日、県の税事務所に勤務する60歳の主任が、広島市の夫婦の自宅に「車を確実にぶつける」などという趣旨の手紙を送ったとして、脅迫の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、北部県税事務所課税課の主任・菊川浩容疑者(60)で、警察によると、今年8月、広島市内に住む夫婦の自宅に「次回は確実にぶつけるぞ」などと書かれた手紙と、夫婦が運転する車の画像を送ったとして、脅迫の疑いが持たれている。

手紙の差出人は書かれておらず、主任と夫婦の間に直接の面識はないという。

警察は手紙の内容などから交通上のトラブルがあった可能性について捜査している。

県によると、主任は職務上、市民の住所などの個人情報を確認できるということで、警察は夫婦の住所をどのように把握したのかについても捜査を進めている。

調べに対し菊川主任は、「文書を郵送したことに間違いない」などと容疑を認めているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ