79歳の江田島市職員が教育委員会の部屋に侵入して通帳を盗み出し現金を引き出す

10月21日、当直勤務中に通帳を盗み、現金28万円あまりを不正に引き出してだまし取ったとして、逮捕・起訴されている江田島市・市民センターの職員について、市は10月21日付けで懲戒免職とした。

起訴状や江田島市などによると、能美市民センターの宿直員・林修二被告(79)は、今年7月、2回にわたり宿直勤務の際、教育委員会の部屋に侵入し、江田島市関連団体名義の通帳などを盗みだすと、その後、3回に分けて現金合わせて28万3000円を不正に引き出してだまし取ったとして逮捕・起訴されている。

林被告はその後、被害額を全額返済したということで、江田島市は21日付で林被告を懲戒免職にした。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ