赤信号で突入した車が危険なキックボードの男の子をはねて死亡

10月13日午後、広島市で横断歩道をキックボードで渡っていた男の子が車にはねられた。男の子は重体だったが死亡したという。

13日午後3時半ごろ、広島市安佐北区可部の国道54号で、キックボードに乗って横断歩道を渡っていた7歳の男の子が軽乗用車にはねられた。

男の子は意識がない状態で病院に運ばれていて、重体だったが、その後、亡くなったという。

警察は、軽乗用車を運転していた63歳の男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。警察が男の車のドライブレコーダーを確認したところ、赤信号で交差点に進入していたという。

男は、「信号を見落としていました」と供述しているという。

警察は、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の原因を詳しく調べることにしている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ