竹原市の県道のガードパイプを車が突き抜けて高齢夫婦が転落

10月12日午前、竹原市で軽乗用車が県道のガードパイプを突き破って、およそ10メートル下の崖に転落しているのが見つかり、乗っていた80代の夫婦のうち妻が死亡したほか、夫も重体だという。

12日午前9時前、竹原市忠海床浦の県道を通りかかった人から、「ガードパイプが突き破られていて、下に車が落ちている」と警察に通報があった。

警察や消防が駆けつけて確認したところ、軽乗用車がガードパープを突き破って10メートルほど下の崖に転落していて、中に2人が閉じ込められているのが見つかった。

警察によると、2人は竹原市内に住む夫婦で、運転席にいた中沖益美さん(80)の死亡が確認されたほか、助手席に乗っていて病院に搬送された84歳の夫も重体だという。

現場は、山間部の片道1車線のカーブで、ガードパイプは11日の時点で壊れていたという情報もあるということで、警察は事故が起きた日時や詳しい原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/739f279b556b8bae055953cf127c7380cab17608

広島女

2022/10/14 (Fri) 03:43 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb0920e39183da9781482a575bb604a233fc973b

広島のガキ

2022/10/13 (Thu) 23:34 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ