金銭の貸し借りトラブル・海田町男性行方不明事件で中年の男女6人を逮捕

10月4日、警察が、今年6月から海田町に住む71歳の男性が行方不明のままとなっている監禁事件について、初めて説明したという。警察は、男性を監禁した疑いで、これまでに男女6人を逮捕していたと10月4日午前10時、明らかにした。ほかにも事件に関わったとみて男1人の行方を追っていたため、これまで事件を公表していなかったが、一部についての裁判が近く始まるため、説明の機会を設けたという。

男性(71)の行方はわからないままで、6月6日、刑事部長を捜査本部長とする74名態勢の捜査本部を設置し、捜査を継続しているという。

監禁の疑いで逮捕されたのは、広島市や府中町、東広島市に住む30代~40代の女5人と、住所不定の男(31)。

警察によると、6人と逃走中の1人は共謀して、6月1日午後8時45分ごろから2日午後1時10分ごろまでの間、海田町南幸町の被害者が使用する事務所において、71歳の男性を監禁した疑いが持たれ、逮捕された6人についてはその後、いずれも起訴されたという。

警察は、6人の認否については「逮捕当初と現在の認否が変わっているほか、公判が控えているため」として明らかにしていない。

被害男性の親族が「帰ってこない」と警察に通報したことで事件が発覚。​現場付近の防犯カメラには、既に逮捕・起訴された6人と逃走中の1人の姿が映っていたということで、捜査の結果、6人の逮捕に至ったとしている。

警察は男性の行方を探しているが、事件発生から4カ月たったいまも、連絡が取れていないという。

行方不明の男性と一部の男女の間には、金銭の貸し借りがあり、トラブルがあったとみられ、裁判を控えているため、警察は詳しくコメントしないとしている。

監禁罪で逮捕・起訴された6人は以下の通り。

広島市南区、飲食店従業員、門 美帆子被告(44)
広島市西区、無職、槙本 祐己被告(32)
府中町、ネイリスト、栗栖 愛被告(36)
東広島市、無職、藤本 裕子被告(40)
広島市安佐南区、無職、倉本 絵梨被告(37)
住居不定、古物商、今泉 俊太被告(31)

(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ