松山行きのフェリーから乗客が海に転落

9月30日、広島県から愛媛県に向かっていたフェリーで乗客1人が行方不明となり、呉海上保安部が捜索しているという。30日午後7時前、「柵を超えて人が海に落ちた」と呉海上保安部に通報があった。

フェリーは、愛媛県松山行きで、乗客から「階段途中から柵を乗り越えて海に飛び込んだ人がいるかもしれない」と売店員に申告があったため、乗船人数を確認したところ、乗船者が1人足りないことを音戸瀬戸通過後、情島を過ぎたあたりで確認した。

目撃情報によると、転落した人は身長約170センチで、40~50代の男性で白色系のツナギを着用し、手には何も持っていなかったという。呉海上保安部では、巡視艇や航空機を使い、捜索している。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ