呉の気が狂った女が夫を包丁で切り付け現行犯逮捕

9月20日、呉市の自宅で夫の頭や首を包丁で切りつけるなどしたとして、警察は36歳の女を現行犯逮捕した。女は「一家心中しようとした」などと供述しているという。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、呉市阿賀に住む女(36)。

警察によると、女(36)は20日未明に呉市阿賀の自宅で、夫(36)の頭や背中を包丁で切りつけるなどした疑いがもたれている。夫は軽傷で命に別状はないという。

同居家族が、隣人に助けを求めたことで事件が発覚。駆け付けた警察官が女を現行犯逮捕した。

調べに対して女は、「一家心中しようと考えた」と供述していて、女には自傷によるけがもあったという。他の家族にけがはなかった。

女は世の中を悲観するような、妄想的で突拍子もない発言をしているということで、警察は女の発言内容や、被害者のけがの程度、未成年者の家族もいることなどを考慮し、女の名前を公表していない。警察が事件のいきさつを調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1744a25ab5f0794a32aa2c6f3d42f8141fd9bcb

呉その2

2022/09/21 (Wed) 01:49 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ