ヘルメットをかぶらずにパトカーに追跡されて転倒したバイクのアホンダラが逃走中

9月16日午前3時半すぎ、福山市の市道をヘルメットをかぶらずに2人乗りをしていたとして、パトカーに追跡された原付きバイクが転倒し、後ろに乗っていた16歳の少女が軽いけがをした。

16日午前3時40分ごろ、福山市箕島町の市道でヘルメットをかぶらずに2人乗りをして走っている原付きバイクを巡回中のパトカーが見つけた。

警察によると、警察官が止まるよう求めたが指示に従わなかったため、パトカーのサイレンを鳴らし、赤色灯をつけたうえで400メートルほど追跡したところ、直線の道路で原付きバイクが転倒したという。

この事故で、原付きバイクの後ろに乗っていた16歳の少女がひざをすりむくなどの軽いけがをした。

原付バイクを運転していた人物は、その場から走って逃げたということで、警察が行方を捜査している。

警察に対し、少女は「知らない人と乗っていた」と説明しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ