東広島市のJR山陽線踏切内に14歳の男が立入り接触

8月24日午前、広島県東広島市のJR山陽線踏切で電車が人と接触する事故があった。この事故で男性とみられる1人が死亡した。事故があったのは、東広島市高屋町の西高屋駅から西条駅の中間付近にあるJR山陽線神保浜第8踏切。

JR西日本によると、24日午前8時前、電車の運転士から「踏切内に人を確認し、非常ブレーキをかけたが間に合わず接触した」と連絡があった。この事故で、10代の男性とみられる1人の死亡が現場で確認されたという。消防によると、死亡したのは14歳の男性だという。

乗客およそ180人にけがはなかった。

現場は山陽自動車の高架下にある踏切で、JRによると当時遮断機は降りていて、警報機にも異常は認められなかったという。

この事故の影響で、JR山陽線は三原駅ー瀬野駅の上下線で運転を見合わせていたが、午前10時に運転を再開した。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ