廿日市市ホテル男子大学生殺害事件で31歳の男を逮捕

去年11月、広島県廿日市市内のホテルで男子大学生を殺害したとして、広島県警は広島市内の職業訓練生の男を殺人の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、広島市西区の職業訓練生、南波大祐容疑者(31)。

警察によると、南波容疑者は、21年11月21日夜、廿日市市内のホテル内で、愛知県清須市の大学生、安藤魁人さん(当時21)に対して、何らかの方法でアルコールなどを大量に摂取させ、低酸素脳症により死亡させ殺害した疑い。

広島県警によると、南波容疑者は第一発見者で、警察は当初不審死事案として捜査していたが、容疑が固まったとして、8月17日午後1時過ぎに南波容疑者を殺人容疑で通常逮捕した。

調べに対し、南波容疑者は「殺害しようという目的はありませんでした」と容疑を否認しているという。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d83cb035d923671c6154faa3a6bb49c106ae392


強盗

2022/08/18 (Thu) 03:18 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ