会社員の男性を集団で監禁して現金を奪った少年8人を逮捕

22年6月、安芸郡の商業施設で、会社員の男性を車に監禁し、現金を奪うなどした疑いで8月16日、少年8人が逮捕された。「強盗致傷」などの疑いで逮捕されたのは、広島市東区の18歳の足場作業員など、15歳から18歳の少年8人。

警察によると、8人は共謀し、22年6月、安芸郡の商業施設で、19歳の会社員の男性を普通乗用車に監禁。このうち少年3人は、車内で男性の顔を複数回殴ってケガをさせたうえ、現金およそ5万円が入った財布などを奪った疑い。

8人のうち4人は、男性の知人だった。主犯格とみられる18歳の少年は、広島市内の公園で、男性の顔に打ち上げ花火を発射する暴行を加えたなどとして、7月、すでに逮捕されている。警察は、何らかのトラブルがあったとみて調べている。(広テレ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc3fc6240baef82bf9c04fc6f2b20c502f99ce6

呉市

2022/08/16 (Tue) 22:47 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ