似島の沖合で16人が乗った小型船舶が炎上して沈没

8月15日、広島市の似島の沖合で小型船舶が燃えていると通報があった。火事があったのは、広島市南区の似島から西に約2300メートルの海上。広島海上保安部によると、15日午前7時半ごろ、この船から「奈三美沖で火災を起こしています。すぐ来てください」と118番通報があった。

巡視艇などが消火にあたり、15日午前8時半ごろ、船は沈没した。船には乗員2人乗客14人の合わせて16人が乗っていたが、広島海上保安部の巡視艇や、広島市消防の消防艇などが出動し、全員救助され、けがはないという。

当時の天候は晴れで、南西の風約2メートルだったという。(RCC)


似島沖 ボート炎上

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7c82fda85dc72edb7b8c32bfb42e42310be0961

神石高原町

2022/08/15 (Mon) 20:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ