尾道市立の学校に勤務していた元会計担当が9万円を着服して逮捕

8月8日、尾道市立の学校に勤務していた元会計担当の職員が、教材の購入費など約9万円を着服したとして逮捕された。業務上横領の疑いで逮捕されたのは、尾道市立の学校に勤務していた非常勤の元会計担当職員松川百恵容疑者(47)。

松川容疑者は去年11月26日と12月2日の2回にわたり、保護者から集めた教材の購入費など約9万円を銀行の口座から引き出し、着服して横領した疑いが持たれている。

警察の調べに対して松川容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。

尾道市教育委員会によると松川容疑者は、去年5月から今年2月にかけて、教材の購入費など約140万円を着服したとして、学校の校長に刑事告訴している。

尾道市教育委員会は7月15日付で、松川容疑者を免職処分にした。警察は動機や余罪を詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ