大浴場で女子児童3人の裸を盗撮した庄原市の27歳小学校教師を再逮捕

7月13日、宿泊施設の女浴場で、女子児童の裸を小型カメラで撮影して児童ポルノを製造したとして、27歳の教員が再逮捕された。児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されたのは、庄原市の公立小学校の教員・福原優理(ふくはら ゆうすけ)容疑者(27)。

福原容疑者は、21年12月当時勤務していた小学校の学校行事で香川県を訪れた際、宿泊先の女性専用の大浴場で女子児童3人の裸を、18歳未満であることを知りながら小型カメラで撮影して児童ポルノを製造した疑いが持たれている。

福原容疑者は「盗撮したことに間違いない」と容疑を認めているという。

福原容疑者は6月、盗撮するために教室に小型カメラを設置した盗撮準備行為の疑いや、22年4月に教室に盗撮目的で入った建造物侵入の疑いで逮捕されている。

警察が、先月逮捕した時に福原容疑者から押収したカメラなどを調べ、容疑が明らかになったという。

警察は事件のいきさつや余罪を調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
通りすがり  
お願い

隠澤洸志 原井祐貴
この2名が勤務していた各学校名の特集や掲載はおひかえ下さい。
よろしくお願いします。

2022/07/18 (Mon) 18:07 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ