静岡県下田市交番勤務30代警察官自殺裁判で静岡県に1億円の損害賠償

7月14日、静岡県警察本部に勤務していた30代の男性警察官が自殺したのは、長時間労働が原因だったとして遺族が静岡県を訴えた裁判で、広島地方裁判所福山支部は遺族の訴えを認め、静岡県に対し1億円あまりの賠償を命じる判決を言い渡した。

判決によると、30代の男性警察官は2010年3月から静岡県下田市の交番に勤務していたが、残業や休日出勤が重なりうつ状態となり、2012年3月に自殺したという。

男性が亡くなる直前の1カ月の残業時間は、いわゆる過労死ラインを上回る140時間を超えていて、民間の労災にあたる公務災害と認定された。

その後、福山市などに住む遺族4人が、男性が死亡したのは長時間労働が原因だったとして静岡県に対し損害賠償を求める訴えを起こしていた。

広島地裁福山支部の曳野久男裁判長は7月13日の判決で「警察官は業務上の負荷により精神疾患を発症し、自殺したと考えられる」などと指摘した上で、「被告の静岡県は警察官の業務の過重性を軽減し、心身を損なうことがないようにするための必要な措置を講じたものとは到底認められない」などとして静岡県に対し総額1億350万円余りの賠償を命じる判決を言い渡した。

判決について、静岡県警察本部の水嶋春彦首席監察官は「当方の主張について裁判所の十分な理解が得られず誠に遺憾だ。控訴については判決内容を詳細に検討した上、対応を決めていきたい」とコメントしている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ