安倍元総理銃撃の瞬間、警官が女子高生とぶつかる不自然な報道写真

2022年7月8日午前、奈良市の近鉄大和西大寺駅前付近で街頭演説を行っていた安倍晋三元総理が銃撃された報道写真に、不自然な光景が写っていたのが気になっていた。その光景とは、銃撃した犯人の山上徹也容疑者(41)が最初に様子をうかがっていた歩道の近くだ。

写真の左側を見ると、両足がひっくり返って見えていたので何があったのかと不思議に思っていたが、その理由が分かった。

警官と女子高生がぶつかって車に轢かれそうになる

週刊女性によると、「警官のひとりは二発目の銃声を聞いてようやくことの重大さに気づき安倍元首相のもとに駆け寄ろうとして、女子高生とぶつかってしまいます。それによって彼女は道路に飛び出して、あわや車に轢かれそうに……。女子高生は軽症で済んだようですが、一歩間違えば大変な事故になっていた」という。

この報道写真はその瞬間だと思われる。


安倍晋三 銃撃 女子高生転倒

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ