広島大学准教授が不適切発言「おばさんとしゃべるくらい面白くない」「日本語が通じない」

7月4日、広島大学は、学生に不適切な言動を繰り返していたとして、大学院の50代の准教授を減給処分にしたと発表した。大学によると、人間社会科学研究科の50代の男性准教授は、21年1月、学生の学力について指摘する中で、「君と話をすると、道端でおばさんとしゃべってるくらい面白くない」などと発言した。

さらに、21年5月には「日本人なのに日本語が通じないし、話すこともできていない」などと発言し、学生に精神的な苦痛を与えたという。

准教授は、事実関係を認めたうえで、学生に謝罪の意向を示しているという。

広島大学は、「教員としてあるまじき行為を行ったことは誠に遺憾。今後、このようなことが起こらないよう、ハラスメント研修実施を徹底するなど、教職員に対するより一層の意識啓発を図り、再発防止に努める所存です」とコメントしている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
歯ブラシ  

日本人なのに日本語が通じないし、話すこともできていない

すげぇわかるw大学生なんてこんなのばっかりじゃん。昔からね。
この記事だけ読むと准教授かわいそうってなるわ。

2022/07/16 (Sat) 20:06 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ