広島市役所で保護された子猫を職員が公園に放つ「動物愛護法の遺棄」

6月22日、広島市の職員が庁舎内で保護された子猫を市の愛護センターに連れていかず、1キロ離れた公園に放っていたという。職員は、愛護センターに連れていけば殺処分されると勘違いしていたという。猫の愛護団体は職員の行為が「愛護動物の遺棄にあたる」可能性があるとして市に経緯の説明を求めているという。

広島市や愛護団体によると6月20日昼頃、タクシー運転手が広島市役所本庁舎1階の駐車場付近にいた生後1カ月半くらいの子猫を発見し、受付にいた市の職員に預けた。

子猫は庁舎の建物と敷地を管理する企画総務局に渡されたが、預かった男性職員は市の動物愛護センターに届けず、およそ1キロ離れた広島市中区の千田公園に放ったという。

企画総務局は「職員は愛護センターに子猫を連れていくと殺処分されると思い、公園に放った」「職員の認識不足だった」などと話しているという。

市の愛護センターは、団体やボランティアと協力して保護された犬や猫の飼い主を探す活動を行っていて、殺処分は行っていない。

猫の保護活動に取り組む団体は「親猫がいない場所に子猫を放った職員の行為は愛護動物の遺棄にあたる可能性がある」として市に一連の経緯や再発防止策の説明を求めている。

団体やボランティアは20日夜から連日子猫を探しているが、まだ見つかっていないという。

広島市役所の庁舎内では同じ日の午前、兄弟とみられる子猫が見つかっていてこの猫は一般の人が保護し、預かった別の市の職員が動物愛護センターに届けたという。


同じ日に市役所で保護された兄弟とみられる子猫
広島市役所 保護された兄弟猫

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ