安芸高田市議会定数半減案は賛成1、反対14で否決

6月10日、安芸高田市の定例市議会で石丸伸二市長が提出した、市議会の定員を今の16から半減するための条例の改正案の採決が行われ、反対多数で否決された。議会側と対立する安芸高田市の石丸市長は、市議会の定員を半分の8にするための条例の改正案を、10日開会した定例市議会に提出した。

本会議で石丸市長は、提出した理由について「居眠りをする、一般質問をしない、説明責任を果たさない、こんな議員はいらないという声を多く聞いている。抜本的な財政健全化の必要性や市民の評価に基づき、議員を16名に据え置く必要性と正当性がないという判断に至った」と説明した。

続いて行われた討論では、改正案について「8人が補い合って活動すれば市民の意見が届く政治も不可能ではない」という意見の一方で「2年後の選挙に向けて議員定数について住民の意思が反映されるよう議論していくことが真の住民自治だ」という意見が出された。

このあと本会議では採決が行われ、賛成1、反対14で、改正案は否決された。

採決のあと、石丸市長は記者団に対し「全てがうまくいくようになるとは思っていない。できるところからできる範囲で立て直したい」と述べた。

安芸高田市では、石丸市長が主導した2人目の副市長の人事案がたびたび否決された一方で、議会側が提出した副市長の数を2人から1人に減らす条例が今年3月に可決・成立している。(NHK広島)

市長と市議、市民の声

安芸高田市 石丸伸二市長
「居眠りをする 一般質問をしない。こんな議員はいらないという声を多く聞いている。恥をしれ恥を!!という声も聞く。どうか恥だと思ってください。議会があるべきかたちではない」

安芸高田市議会 宍戸邦夫議長
「副市長の定数が2から1になったから議会の16(定数)を半減するのは理解ができないですね。(ほかの議員は)ちょっとびっくりしておられますね」

安芸高田市 石丸伸二市長
「議員定数そのもので議会の機能不全がただせるとは思っていません。今やろうとしているのは問題提起ですね」

反対・山本数博議員
「独自の政治再建論をもって安芸高田市を実験台に使われるのはとても迷惑な話」

反対・先川和幸議員
「まさに市民を議会を無視した暴挙と言わざるをえません」

賛成・熊高昌三議員
「(議員半減は)議員と市民の覚悟を問う数字。8人が補い合って市民の意見の届く政治も不可能ではない」

安芸高田市議会 宍戸邦夫議長
「議員定数と言うのは議会の根幹。重要な事項。よって議会制民主主義を考えながら慎重な対応をしなければならない」

安芸高田市 石丸伸二市長
「議会の中にロジックがないことを再認識した。副市長削減の時に言っていたのは何だったのか」
「このやり方が正しいとは思ってはおりません。それを引き受けてなお問題提起しなければ難しい」

安芸高田市民
「(市長に)子どものけんかじゃないんだからと言いたい。色々議論をしてもいいけど、(議会と)何か接点を求める市政をやってほしい」

安芸高田市民
「(市政に)注目を集めるという意味では意味があった。議員定数削減・報酬についてはこれから絶対に必要な議論だと思う」
(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ