庄原市の市道でトラクターが道路脇側溝に転落

6月2日午前、庄原市の市道で、トラクターが道路脇の側溝に転落する事故があり、運転していた71歳の男性が挟まれ、搬送先の病院で死亡した。2日午前11時ごろ、庄原市東城町川鳥の市道で、トラクターを運転していた近くに住む石木一平さん(71)が、トラクターごと道路脇にある深さおよそ2メートルの側溝に転落した。

近くにいた妻がトラクターが落ちた音を聞いて通報。石木さんは病院に搬送されたが、トラクターの間に挟まれおよそ2時間後に死亡した。警察は、石木さんが何らかの理由で、道を踏み外したと見て事故の原因を詳しく調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメントをどうぞ