広電の線路で自転車に乗った男性が電車にはねられ下敷きになる

6月1日夕方、広島市西区の広島電鉄本線の線路で自転車に乗った男性が電車にはねられたという。消防によると、1日午後6時45分ごろ、広島市西区天満町で「男性が車両の下敷きになっている」と通報があった。男性は電車の下敷きになり、病院に搬送された。この事故の影響で、広電の土橋駅と広電西広島駅の間の上下線で運転を見合わせていたが、午後8時半ごろ再開した。(NHK広島、RCC)



広島市西区 自転車が路面電車の下敷き

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ