呉市広本町の市道で深夜、会社員をはねた軽乗用車の81歳の男を逮捕

5月29日未明、呉市の市道で男性が倒れているのが見つかったひき逃げ事件で、警察は81歳の男を逮捕した。ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、呉市広古新開の無職・大洞憲治容疑者(81)。警察によると、洞容疑者は29日午前3時20分ごろ、呉市広本町の市道で軽乗用車を運転中、49歳の男性会社員をはね骨盤骨折などのけがをさせたにもかかわらず、救護することなくそのまま走り去った疑い。

男性会社員は重体だという。

調べに対し、「落下している木材だと思った」と容疑を否認しているという。

警察がいきさつを詳しく調べている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ