広島市西区のマンションの1室で火事、80代男性が意識不明

5月25日朝、広島市のマンションの1室で床などが焼け、この部屋に住む80代の男性が煙を吸って病院に搬送され、意識不明の状態だという。25日午前6時15分ごろ、広島市西区庚午中のマンションの2階部分で、「建物から煙が見える」と近くに住む人から消防に通報があった。

消防車10台が出て消火にあたり、火はおよそ30後に消し止められたが、マンションの1室のおよそ6平方メートルが焼け、この部屋に住む80代の男性が煙を吸って病院に搬送され、意識不明の状態だという。

警察によると、床などが焼けていたということで、火事の原因を調べている。

現場は、広島電鉄古江電停から東におよそ600メートル離れた住宅街。(NHK広島)



広島市西区庚午中 マンション火災

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ