「ファミリーマート福山駅北口店」で強盗未遂、犯人逃走

5月18日朝、福山市のコンビニエンスストアで、男が店員に刃物を突きつけて金を要求したが、店員が非常ボタンを押すと何も取らずに立ち去ったという。18日午前4時25分ごろ、福山市丸之内1丁目のコンビニエンスストア「ファミリーマート福山駅北口店」に男が押し入って、1人で店内のレジカウンターにいた40歳の男性店員に果物ナイフのような刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅した。

店員がレジの近くにある非常ボタンを押して音が鳴ったところ、男は何も取らずに店を出て徒歩で立ち去った。当時、店内には客はおらず、店員にけがはなかった。

警察によると、立ち去った男は年齢が60代くらい、身長は1メートル65センチくらいのやせ型、紺色のキャップ帽をかぶり、チェック柄の長袖シャツを着て青色の長ズボンをはいていたという。

現場はJR福山駅北口の福山城などがある地域で、警察は強盗未遂事件として周辺の防犯カメラの映像を回収するなどして、逃げた男の行方を捜査している。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ