欲望に負けた県立広島井口高校の28歳教師、女子生徒の靴に体液を放出

2021年11月、学校内で生徒の靴に体液をかけたとして、高校教諭の男が逮捕された。器物損壊の疑いで逮捕されたのは、高校教諭の男(28)。警察によると、男は21年11月、広島市西区の学校内で、下駄箱に置かれていた女子生徒の靴に、体液をかけた疑いが持たれている。調べに対し、男は「間違いない」と容疑を認めているという。

気付いた生徒が学校に伝え、学校が警察に相談していたという。この学校では、去年秋ごろから複数の女子生徒に対する同じような事案が確認されていたという。(RCC)


広島県立高教諭を逮捕 生徒の靴に体液

生徒の靴に体液をかけたとして、広島県警広島西署は11日、器物損壊容疑で、同県廿日市市塩屋、広島県立高校の教諭尾茂田浩輝容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は昨年11月12日、勤務先の高校で、げた箱にあった女子生徒の靴に体液を付着させた疑い。同署によると、被害に気付いた女子生徒が学校に相談し、学校が警察に連絡した。同校では昨年秋ごろから同種事案が発生しており、関連を調べている。(時事)


NHK広島が高校名を公表

広島市西区の県立高校に勤務する、28歳の教諭が生徒の靴に体液を付着させたとして、器物損壊の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市西区にある県立広島井口高校の教諭、尾茂田浩輝容疑者(28)。警察の調べによると、尾茂田教諭は去年11月、勤務する高校の下駄箱に置かれていた女子生徒の靴に自らの体液を付着させたとして、器物損壊の疑いが持たれている。

学校から相談を受けて警察が捜査を進めた結果、事件に関わった疑いがあるとして、11日逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と供述し、容疑を認めているという。この学校では、おととし秋ごろから同様の被害が複数確認されているということで、警察が関連を調べている。

県教育委員会は、「県立学校の教諭が逮捕されたことは遺憾で、生徒や保護者、そして県民の皆様におわび申し上げます。今後詳細を確認のうえ厳正に対処します」とコメントしている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ