深夜の居眠り運転で自動車が路上の変圧器に衝突

5月3日未明、広島市中心部の市道で、乗用車が路上に設置されていた変圧器と衝突する事故があった。事故の影響でおよそ1500世帯が一時停電となった。3日午前3時ごろ、広島市中区大手町にある鷹野橋交差点付近の市道で、直進中の乗用車が縁石に乗り上げ、路上に設置されていた変圧器と衝突した。

事故の影響で大手町や吉島東など、広島市中区の一部地域でおよそ1500世帯が1時間半にわたり停電した。車を運転していた21歳の男性と同乗していた女性が病院に搬送されたが、命に別条はないという。

現場は見通しの良い直線道路で、警察は事故の詳しい原因を調べている。(TSS)


広島市中区大手町 変圧器に衝突

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ